腹式呼吸でダイエットを成功させよう

腹式呼吸の代表ストレットヨガ

腹式呼吸でダイエットを成功させるとはどういうことでしょうか。
このダイエットは普段呼吸しているやり方を胸式呼吸から腹式呼吸に切り替えてエクササイズを行うというやり方ですが、そもそもこの方式の呼吸とはどのようなやり方なのでしょうか。
一般的には合唱や演劇で声を出したり、歌ったりする場合のエクササイズとして行うのは有名ですが、普段あまり耳にしないのではないでしょうか。
しかし実は普段からこのような呼吸を誰もが行っているのです。

それは寝ている時です。
人間は寝ている時は腹式呼吸をしているのです。
寝ている間は呼吸に合わせてお腹が上下しますがこれを腹式呼吸と言うのです。
この呼吸法を起きている時も意識して行うとインナーマッスルを鍛えることができ、その結果ダイエット効果を期待できるのです。
具体的には腹式呼吸でお腹を動かすことができるのでこの呼吸法の呼吸回数を増やしていくとウエスト周りの余分な脂肪を燃焼することができます。
また腹式呼吸を行うことでウエスト周りと同時に大胸筋も鍛えることができます。
このため代謝アップの効果も期待できます。
代謝アップもダイエットする上で大事なポイントとなります。
このように腹式呼吸はダイエットに有効なのです。

しかしただ適当に腹式呼吸をすれば良いというわけではなくダイエットに効果のある方法を実践する必要があります。
まず鼻から息を吸って口から吐き出します。
この時息を吐く際に12秒かけて息を吐いていきます。
体内の空気を全て吐き出すように意識して行ってください。
それが済んだら鼻から息を6秒かけて吸います。
6秒経過したらそのまま息を止めてさらに6秒間そのままの状態をキープします。
キープしたら最後にまた12秒かけて息を吐き出します。
これを1日最低10セットほど行うとダイエット効果が期待できるのです。